福岡 看護師バイトランキング

麻薬内服

麻薬は、癌性疼痛で苦しんでいる患者さんにとっては、なくてはならない薬です。
癌性疼痛というのは、かなり強い痛みです。
他の疾患の疼痛に使用されている、一般的な鎮痛剤を使用しても、全く効果がないんです。>_<
癌性の疼痛は、相当苦しいものですから、その強い疼痛を緩和する為に、麻薬が使用されます。

 

麻薬にはいくつかの種類があり、投与経路についても、経口、静脈注射、皮下注射、硬膜外注射、貼用などいろいろです。
それぞれの薬の特徴や合併症、投与方法や注意点など、しっかりと確認しておく必要があります。
麻薬の内服は、ドクターが処方した上で、看護師が投与をします。
麻薬は病棟で管理する事ができませんから、院内の薬局に受け取りに行きます。
その際には、捺印が必要になります。
麻薬の管理はかなり厳重です。
麻薬を受け取って病棟に戻ってからは、鍵付きの金庫に保管する事になります。
麻薬の取扱いをする際には、1人で行なう事はありません。
必ず、看護師2人でその都度確認をしながら取扱います。
患者さんの名前、薬剤名、使用日時、使用量も、看護師2人でダブルチェックし、患者さんのところに行く時にも、
看護師2人で常にダブルチェックをしています。

 

麻薬内服をする時には、飲み終えたのを確認する事がとても重要です。
注射であれば、看護師が行なうので問題ないんですが、内服の場合、薬を飲み込まずに、
口の中にため込んでしまう患者さんがいるんです。
ため込んだ大量の麻薬を服用してしまったら、命に関わってしまい大変な事になってしまいます。(>_<;
投与後は、必ず口腔内に残っていないか、間違いなく飲み込んだかどうかを確認する事が大切です。
そして、副作用が起こる場合もありますから、観察する事も大切です。(^?^)