福岡 看護師バイトランキング

がん専門病院には診療心理士さんや、精神科医が充実しています。患者さんが希望すれば訪床して話しを聞いてくれるし、チームワークも取れている。がん患者さんの半数がうつ傾向と言うデータがあるだけに、心理的なケアは重要ですね。

ガンの専門病院には、精神科医や臨床心理士がとても充実しています。
これは、患者さんの心のケアをする為なんですよ。
ガンを患っている患者さんは、心にいろいろな事を抱えています。
病気に対する不安や、痛みに対する苦痛、それに、死というものに対しての恐怖感、それに、病気にかかった事で、
普通の生活を送る事ができなくなってしまった事への不満やストレス、皆さんいろいろな物を抱えて辛い闘病生活を送っているんです。
看護師は、そのような沢山の不安を心に抱えている患者さんに対して、心のケアをしてあげる必要がありますよね。
でも、一般病院の場合、がん患者さんのほかにも、沢山の患者さんが入院している為、
なかなかゆっくりと関わる事ができないんですよね。

 

末期の患者さんは、暗くなった病室で眠る事ができない、と言う方が沢山いるんです。
夜になるといろいろな事を考えてしまって、そして、目を閉じたら二度と目が覚めないかもしれない、と思ってしまうんです。
そのような毎日が続いてしまっては、心が病んでしまいますよね。
実際に、ガン患者さんの半数以上の方は、鬱の傾向があるという結果がでているんですよ。
鬱傾向になってしまうと、物事を前向きに考える事ができないので、それが治療にも影響してしまうんです。
生きるという希望を持つ事が、治療には大切なんですけど、鬱傾向にある患者さんは前向きな思いがないので、
身体の機能がどんどん低下してしまうんですよね。

 

ガン専門病院は、やはり素晴らしいと思います。
精神科医や診療心理士が充実している事で、患者さんの心のケアをする事ができますよね。
一般病院も、ガン患者さんをケアする為には、そのような体制をとるようにするべきだと思いますね。